ありんこの会

ホーム 活動報告 イベントカレンダー
ありんこの会ホーム > 活動報告

活動報告一覧

ありんこの会定例会4月

活動日:2018年4月9日
新年度が始まりました。
ありんこの会も、代表者以下前年度と同じメンバーで、今年度も運営していきますのでよろしくお願いします。

4月の定例会:参加者8名

おはなしの練習に使った絵本

 悗またせクッキー』ハッチンス作
 おばあちゃんの作ったクッキーとおなじくらいおいしそうな、ママが作ったクッキー。
食べようとすると、ピンポーンと鳴って、次々に友達がやってきます。
さてさて、1人1枚ずつになったとき、またピンポーン!となりました。クッキーをたべることができるのかな?

◆悗任海舛磴鵝戮弔舛世里屬該
 幼稚園が始まる直前に散髪されたでこちゃん。
ところが、失敗して短くなりすぎました。でこちゃんは幼稚園へ行くのがいやでたまりませんが、おねえちゃんが素敵なことをしてくれるのです。

一冊本の紹介がありました。

『とてもおおきなサンマのひらき』岡田よしたか作
 ナンセンスですが、読み聞かせるととても反応が良いそうです。

今年度は、会場になっている図書館が耐震改修工事のため、閉館します。そのため、定例会は7月から仮図書館で行います。
なるべく多くの学校図書館での開催を検討しています。3校くらいになりそうですので、定例会ご参加の時には、会場をご確認くださいね。

今年度もよろしくお願いします。

定例会報告(2)

活動日:2018年1月15日
今回取り上げた絵本を紹介します。

 悗椶びょうきじゃないよ』角野栄子/さく 垂石真子/え  (福音館書店)
  明日までには風邪を治したい主人公のもとへ、道を間違えたクマ先生がやってきて、くま式風邪の治し方を伝授していきます。

◆悗おきくなるっていうことは』中川ひろたか/文 村上康成/絵  (童心社)
  ピーマン村のなかまたちの一作です。
  「おおきくなるっていうことは○○なこと」という文が続きます。

『ふゆめがっしょうだん』富成忠夫/写真 茂木透/写真 長新太/文   (福音館書店)
  写真絵本です。
  いちど、節をつけて素晴らしい声での読み聞かせを聞いたことがあります。音楽を付けると、一層よい絵本なのかもしれません。

 ぜひ手に取って見てみてくださいね。

 さて、来月は第2月曜日が休日なので第3月曜日2月19日になります。気軽に会をのぞいてみてくださいね。

1月の定例会報告(1)

活動日:2018年1月15日
あけましておめでとうございます。
参加者は7人でした。

例年の予定では、2月に情報交換会として各ボランティアグループの交流を図っていましたが、アンケートをとる時期が、他の部署からも同じようなアンケート収集を行っていることから、時期をずらすことにしました。また、来年度はいってすぐに配布するつもりですので、よろしくお願いします!
今日の前半は、この情報交換会に向けての打ち合わせがありました。
後半は絵本についてあれやこれやと、、、、。
今日の絵本は以下の3冊
『ぼく、びょうきじゃないよ』
『ふゆめがっしょうだん』
『おおきくなるっていうことは』
紹介された本が、
『鬼といりまめ』
『せつぶんだ まめまきだ』
『狂言えほん せつぶん』
でした。
つづく・・・

12月の定例会報告

活動日:2017年12月11日(月)
11月がとんでしましました。すいませんでした。
12月の定例会は、参加者が6人でした。
来てくださってありがとうございます。

今月取り上げた絵本は
『アンナの赤いオーバー』
『こんこんさまにさしあげそうろう』
『このゆきだるまだーれ?』
そして、
『かさじぞう』は、数冊の絵本を読み比べしました。
それから、もう一冊、
『こめんぶく あわんぶく』です。
このお話をご存知ですか。和製シンデレラなんですよ。気になったら、一度手に取って見てみてください。鳴門市立図書館にもあります。

他には来年度の定例会の日にちの確認と、ありんこだよりの発行日について確認しました。6回発行する予定です。予定より少なくなることはないと思いますが、、、、

昨年は、2月に各学校のボランティアに声をかけて交流のかいにしましたが、今年度は来年度7月に延期します。
また、6月は図書館が移動機関に入るので、定例会は中止とします。
次回は1月15日、第3月曜日です。第2月曜日は成人式ですね。

それでは皆様、よいお年をお迎えください。

10月の定例会報告(2)

活動日:2017年10月16日
大麻中学校は、数年前にきれいに建て替わって、太陽光発電の備わった校舎になっています。
図書室はコンピューター室と隣あわせで、情報センターとしての機能が発揮できるように配慮されたと思われます。

さて、大麻中はサポーターが配置されて2年目です。
図書もきれいにタグで仕切られて並んでいて、新刊は表紙を見せて排架してありました。図書の内容も今どきの中学生が好みそうなものもあり、貸出冊数が劇的に伸びたというのも頷けました。
ただ、少し狭く感じるというのは、参加者の多数意見だったと思います。

でも、とにかくきれい!
そして、工夫された本の紹介コーナーが、サポーターさんの苦労を物語っているようでした。
ひとりでも多くの生徒に来てもらいたい、と思います。
また、先生にも活用してもらいたいです。そうすることで、「文学」以外の分野の資料も、きっと充実していくことと思います。

お邪魔させていただき、ありがとうございました。
前へ 次へ
© ありんこの会 Produced by MIC