ふくろうの森

ホーム 活動報告 イベントカレンダー
ふくろうの森ホーム > 活動報告

活動報告一覧

「コウノトリ博士になろう!」〜 屮灰Ε離肇蝓廚辰討匹鵑閉察〜にご参加ありがとうございました!(その3)

活動日:H30年5月19日
集合場所からみんなで歩いてコウノトリの巣周辺へ行きました。講師の竹村さんをはじめ、コウノトリ定着推進連絡協議会の皆さんのご協力で、400メートル先のコウノトリの巣を大きな望遠鏡で観察させていただきました。HPでは講師の板東武さんに「田んぼの稲とコウノトリ通信」と題して、随時アップしていただく予定です。どうぞお楽しみに!
*参加者の感想/「コウノトリは飛ばなかったけど、動きが望遠鏡で見えたので、足の色やはねの色がわかったので、とてもびっくりした!」「足型が道についていた。足は3本指だった」「顔のくちばしが見えた」「鳥を見たのがたのしかった」
*この行事は、子どもゆめ基金助成活動です。

「コウノトリ博士になろう!」〜 屮灰Ε離肇蝓廚辰討匹鵑閉察〜にご参加ありがとうございました!(その2)

活動日:H30年5月19日
講師の奥村英樹さんからは楽しいコウノトリクイズが出され、みんなで一緒に考えました。
*参加者の感想/「ぼく(8才)とコウノトリと同じ身長だった」「コウノトリの足は赤いことがわかった」「足の色が赤で、身長が100〜110僂世箸いΔ海箸砲どろいた」
*この行事は、子どもゆめ基金助成活動です。

「コウノトリ博士になろう!」〜 屮灰Ε離肇蝓廚辰討匹鵑閉察〜にご参加ありがとうございました!(その1)

活動日:H30年5月19日
活動日/H30年5月19日(土)13時半〜15時半
集合場所/鳴門市大麻町高畑の秋山家駐車場
活動場所/鳴門市大麻町のコウノトリの巣周辺
講師/竹村 昇さん(コウノトリ定着推進連絡協議会会長)
奥村英樹さん(四国大学教授)、 板東 武さん
*参加者の感想/「コウノトリが鳴門に11匹もいるなんて初めて知った」「コウノトリが鳴門の環境が“1番”と思ってくれている事がわかった」「コウノトリ1ぴき1ぴきが必死に生きようとするのはすごいことだと思った」
*この行事は、子どもゆめ基金助成活動です。

H30年度「ふくろうの森」総会を開きました。

活動日:H30年5月13日
開催日/H30年5月13日(土)10時半〜12時
場 所/鳴門市立図書館2F視聴覚室
定数確認/正会員140名中、出席20名、委任状64名(総会開始時の人数)

ただいま小学生参加募集中!子どもゆめ基金助成活動/「コウノトリ博士になろう!」(全3回)〜△┐犠譴療弔砲い訐犬ものと遊ぼう&田植えしよう〜

活動日:H30年4月26日
コウノトリのいろんな疑問を地域の方のお話や観察や体験を通して解決して,キミもコウノトリ博士になろう!
第2回は,コウノトリのえさになる生きものを探して観察したり,実際に泥田に入って田植えを通して感触を楽しんだりしよう。ご参加をお待ちしています!
◆日時/H30年6月2日(土)13時半〜15時半
   小雨決行、大雨等の場合は3日(日)に順延します。順延の場合は参加者に連絡します。
◆集合場所/鳴門市大麻町高畑の秋山家駐車場(住所/鳴門市大麻町高畑字居屋敷81-2)、集合場所は道が大変狭いため、お車の方は駐車場所をちらしでご確認いただくか、「ふくろうの森」までお問合せください。
◆講師/山内 節さん、、原内一明さん、鈴木康生さん、吉山峰子さん(四国大学准教授)
◆対象&定員/小学生30名(保護者付き添いのこと、要申込み)*保護者の方も一緒に田植えに参加OK
◆服装/水田に入るため汚れてもいい服、帽子、靴は履き慣れたもの(ビーチサンダルでもOK、ただし長靴は不可)
◆持ち物/着替えの服、タオル、水筒
◆費用/300円(保険料、資料代を含む。当日集金)
◆ただいま申込受付中!当日参加可
◆申込先&問合せ先/認定NPO法人「ふくろうの森」TEL・FAX088−685−0389
◆この行事は子どもゆめ基金助成活動です。
前へ 次へ
© ふくろうの森 Produced by MIC